• ホーム
  • 注文住宅の相場は○○万円!予算はどのくらいみればいい?

注文住宅の相場は○○万円!予算はどのくらいみればいい?

注文住宅を建てる時には気になるのが建築費の相場です。どれくらいの予算でどれくらいの家が建つのかということを知っておくと目安になります。

まず全国平均で見ると、建築費の相場は2000万円台になります。しかしこれは土地代を含めない場合の建築費の相場です。建築費だけで見るとそこまで地域による差はないので、注文住宅の建築費だけなら2000万円台と思っておいて大丈夫です。しかし予算を立てる時にはここに更に土地代がかかるので、更に高くなると思っておかなければいけません。

土地代も含めた相場は大体3000万円台になります。地域によって土地代は大きく変わるので、地域差があるのであくまで平均すると3000万円台だと思っておくと良いでしょう。東京都であれば土地代がかなり高いので、2000万円台になってしまいます。ですが他の地域であれば1000万円台と比較的低めです。自分達が住んでいる地域の平均坪単価を見ておくと予算を立てる時の目安になります。建物の広さや坪数は基本的に変わりません。全国平均の広さは128.2㎡、坪数は38.7坪になります。これはどの地域であっても大きく差はないのです。それでも土地代が高い東京都は狭く、地方の方が安くなる傾向にあります。

では1000万円台で家は建てられないのかというと、建てることができます。最近タイニーハウスと言って、狭い土地と家でマイホームを持つということが流行っているのです。家族3人で住むのであればタイニーハウスでも問題ないということになります。狭いと大変そうなイメージがありますが、狭いとすぐ近くに必要なものがあるので意外と便利で家族の距離も近いから良いという人もいます。将来夫婦二人になって年を取った時のことを考えると、すぐに物に手が届くタイニーハウスは案外悪くないかもしれません。しかしきちんとした家に住みたいとなると、予算は3000万円台と見ておく必要があります。実際に家の建てる時の予算は世帯年収から予算を見るのが現実的です。世帯年収600万円であれば3600万円で、世帯年収の約6倍と見ておけば大丈夫です。

更に月々の返済額も忘れてはいけません。1年の返済額は世帯年収から見て、20%以内に収めることが条件です。例えば世帯年収が600万円であれば、月々の返済額が10万円以内であれば生活破綻せずに生活をしていくことができます。現実的な数値から予算を絞り込んでいくのもおすすめですよ。