• ホーム
  • ハウスメーカーによって使っている断熱材が違う?種類をご紹介!

ハウスメーカーによって使っている断熱材が違う?種類をご紹介!

夫婦に鍵を出す女性

断熱材なんて大したことないと思っているのであれば、それは大きな間違いです。断熱材の良し悪しで家の寿命も決まってきます。関係あるのかと思うかもしれませんが、大いに関係があるのです。寒暖差があって寒いと感じている部屋では結露が生じている可能性が高くなります。そうすると家が腐っていってしまうので、家の寿命が短くなってしまうのです。それだけではなく断熱性が高ければ冷暖房効率も良くなるので、電気代も抑えることができるのです。冬は冷気が入り込まず、夏は熱気が入り込むのを防いでくれます。

しかし断熱材と一口に言っても種類があり、ハウスメーカーごとに異なります。それぞれの特徴を抑えておきましょう。

まずは断熱材の種類からです。グラスウールは軽くて安いので良く使われているものになります。ガラスを溶かして糸状にしたもので、断熱性も高いのですが湿気に弱いというデメリットも。ロックウールは不燃性なので耐火性も高い素材です。シロアリ被害も出にくいですが、やはり吸湿性が高いという面も捨てきれません。セルロースファイバーであれば隙間なく敷き詰めることができて温度調整もできてかなり便利です。吸音もしてくれるので、小さな子供がいるご家庭におすすめです。しかしお値段は少しお高めになります。ポリスチレンフォームはカッター等で簡単に加工ができるので、場所に合わせてサイズを変えることができます。少し値段が高めで、経年劣化が著しいというデメリットも。ハウスメーカーも場所ごとに異なる断熱材を使っているので、そちらも押さえておきましょう。セキスイハイムであれば屋根と壁はグラスウール、床はポリスチレンフォームになります。セキスイハイムはガラスウールの密度高めなのが特徴です。

積水ハウスは屋根はロックウール、壁はグラスウール、床はポリスチレンフォームになります。積水ハウスはそれぞれ種類が異なることによって、性能とコストのバランスを取っています。ダイワハウスは屋根も壁も床もグラスウールです。どれも同じ素材ですが、少し屋根の密度が高めになります。しかし床下は湿気がこもりやすいので、グラスウールでは少し危険です。ダイワハウスに頼むときは、床下の施工の様子はしっかりチェックしておきましょう。住友林業は屋根はセルロースファイバー、壁はグラスウール、床はポリスチレンフォームになります。住友林業は北国ではセルロースファイバーの屋根を標準にしていて、湿度の調整をしっかりとしてくれます。